指導内容について

発音(構音)指導(子ども〜大人)

  • カ行やサ行が言えない
  • ラ行がダ行に変わることがある
  • 全体的に不明瞭
  • 側音化構音と指摘された・・・

子どもから大人まで、幅広い発音のお悩みに対応します。言語聴覚士の観点から、幼児の発音や音韻認知の力をチェックしたり、アナウンサーの立場から綺麗な発音を目指した指導などを行っています。

なお、子どもの構音(発音)の指導開始時期の目安は、カ行・ガ行の場合は年中さんの夏休み、サ行・ザ行・「つ」の場合は年長さんの夏休みまでに言えなければスタートとお考えください。それ以前でも、お子さんが言えないことにストレスを感じている場合は、早めの指導スタートをお勧めします。

最近増えているのが口腔機能発達不全症からくる発音の不明瞭さです。普段からお口がぽかんと開いていたり、いびきをかいていたり、噛んだり飲み込んだりという動作が不自然だったりするとその疑いがあります。放置すると誤った発音動作を身につけてしまい、修正に時間がかかることがあります。比較的指導しやすい幼児の間に相談されることをお勧めします。

吃音指導(幼児〜中学生)

5、6歳のお子様には、主にリッカムプログラムをご案内しています。

リッカムプログラムはオーストラリア生まれの、幼児向け吃音指導プログラムです。約1年に渡る長丁場のトレーニングですが、優れた効果が実証されており、世界中に広がっています。日本でも2021年に発布された幼児向け吃音ガイドラインにて、最も推奨するトレーニングに選ばれました。

  • 毎日15分、おうちで親子トレーニングの時間を設ける
  • 1、2週間に一度、言語聴覚士との面談を親子で受ける
  • 2つの条件を半年〜1年継続する

以上の条件下での実施になりますが、当相談室はオンライン診療を取り入れているため、1週間から10日に一度のオンライン面談で進めています。

小学生以上について、現時点では医学的証拠に基づいた明確なプログラムは開発されていません。吃音について、まだそれほど気にしていないお子様の場合は親御さんへのアドバイスを中心に、本人に自覚がある場合は、吃音について学び、自身の症状をコントロールする手助けを行っていきます。また、カミングアウト(先生や友達に吃音であることを告白する)のお手伝いもさせていただきます。

5歳以下のお子様の場合、環境調整で介入させていただきます。いずれはリッカムプログラムに移行することが可能です。吃音が始まった時期から指導開始までに間があけばあくほど、予後が悪いという報告もあります。「様子を見る」という形で放置するのでなく、早めにご相談ください。

ことばの指導(乳幼児〜小学生)

まだ発語がないお子様で、机上課題が難しく、本人への指導が行えない場合、オンラインでの保護者相談やペアレントトレーニングを行っています。事前に映像のやりとりなどさせていただきながら、家庭でどのようにお子さんに声かけしていけばよいのかなど、具体的なアドバイスをさせていただきます。

本人のことばの遅れ・発達の指導も承っています。こちらに関してはオンラインが向かないこともあり、対面指導となります。

発声・表現・滑舌指導

フリーアナウンサーとしての経験と言語聴覚士としての知識を生かし、大人のための発声や表現の指導を行っています。

  • 発声や滑舌をよくしたい
  • 堂々とプレゼンできるようになりたい
  • いろいろな種類の声を出せるようになりたい
  • 音読がうまくなりたい

あなたの声をよりよくするお手伝いをいたします。こちらの項目はグループでの参加も可能です。なおこちらのメニューは受付窓口がアナウンスハウス合同会社になり、別料金となります。詳細はアナウンスハウス松山合同会社へお問い合わせください。

指導者向け各種相談・コンサルタント

構音(発音)や滑舌指導にあたっている指導者の皆様向けに、言語聴覚士の観点から問題を解決するお手伝いをさせていただきます。

指導をしていく中で、「なかなか解決しない」「この方法でいいのだろうか」と考えることも多いと思います。第三者に相談することで新たな視点が開けるかもしれません。利用者様の映像や音声などを共有させていただき、アドバイスをさせていただきます。なおこの項目はグループでの参加も可能です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。