言語指導について

2019年4月、言語障害に関する諸問題を取り扱う「ことばと脳の相談室」をオープンしました。松山地域で言語に関するお悩みをお持ちの方、病院や介護保険での言語リハビリが受けられずお困りの方、一度ご相談いただければ幸いです。

言語に関する指導は原則初回無料、訪問対応で実施させていただきます。

と言いますのも、プレオープン中にお申し込みいただいた利用者様のご自宅に訪問させていただいた際、1セッション40分の時間では、評価を行い今後の目標を立てることでいっぱいいっぱいだなと感じました。そのため初回は評価をメインに、ご自宅でできる自己学習プログラムをご提案して、今後の目標をたてるまでを行わせていただくことにいたしました。実質的なリハビリを希望されている方には少々物足りない可能性もありますため、初回はお互いの意見をすり合わせる意味でも無料対応とさせていただきます。初回指導後に継続を希望するかどうかは自由です。提案させていただいた自己学習プログラムを見て、これなら専門家に頼らずとも自分でできそうと思えた場合は継続されなくても大丈夫です。(その後の積極的な営業や勧誘は行いませんのでどうぞご安心ください)

ことばと脳の相談室では月に1〜2回程度の訪問指導を想定しています。それだけの回数でよくなるの?と聞かれれば、個人差があるためなんとも言えません。大切なのは「ご自身で毎日リハビリに取り組んでいただくこと」です。そのため、次の訪問時までご自宅でできる自己学習の課題をお出しします。利用者様にはそれを毎日取り組んでいただくことで、病院で毎日リハビリを受けていた頃と同じだけの機会を作っていただきたいと思っています。

「ことばと脳の相談室」は、言語問題の専門家が患者様を治す機関ではありません。利用者様がご自身の力で言語障害に対応していく、その力をサポートさせていただく場所です。主体はあくまで利用者様。私ができるのは、現状どこで困っているのかを確認させていただき、そのお困りごとが少しでも解決に向かうよう、適切な指導やアドバイスを提供することです。

リハビリを誰かにやってもらうのではなく、自分の力で取り組むこと。その力が身につけば、言語機能はゆるやかに改善し続けるものと信じています。そしていつか、当相談室を卒業して、自分の力で日常生活の中からリハビリに適している課題を見つけて取り組めるようになればいいなと思っています。