特性に応じた指導内容

構音障害

「か行・さ行が言えない」、言い間違いが多い、など、小児期特有の構音障害(発音の障害)について指導します。また読み書きがなかなか進まない、音読が一文字一文字の拾い読みになってしまう、といった場合の対応もしています。

●発達障害(小児)

発達障害でとくに言語やコミュニケーション上の困難を抱えている小児対象に指導を行っています。高校生までが対象です。小さいお子さんの場合はあそびをとりいれた機能訓練が中心、小学生以上はお子さんの特性を評価した上で、学校の勉強とは違う、苦手なことにフォーカスした指導を行います。たとえば「言葉で説明するのが苦手」といった場合は、視覚的手がかりを使いながら語彙を操作するトレーニングなどを行います。

●吃音(小児)

吃音における「様子をみましょう」という時代は終わりました。2021年現在作成中のガイドラインでは「5歳までに自然治癒しなければ指導開始」と明記される予定になっています。また指導内容として「DCM」「リッカムプログラム」が第一優先となるそうです。どちらも6歳頃までしか使用できない、小児専用の貴重な吃音指導法です。当相談室ではリッカムプログラム研修修了の言語聴覚士が指導にあたります。なお吃音に関してはオンライン指導も可能です。

●ことばの遅れ(2〜3歳)

2、3歳程度で、まだ言語聴覚士との机上の訓練が行えないお子さんの場合、ペアレントトレーニング(保護者向けトレーニング)を行います。突然ですが、ことばの遅れがあるお子さんへの言葉がけ、どんなことに注意すべきかご存知ですか? 当相談室ではインリアルアプローチという、お子様への言葉がけの指導を保護者様に対して行います。このペアレントトレーニングを3、4回受けていただくと、お子様への適切な言葉のかけ方やお子様の反応の引き出し方などがずいぶんと変わってきます。